MP-370の修理

今日は精米機MP-370の修理をしました。

玄米混じりの白米?しか出てこないという事でした。

摩擦ロールと抵抗金の接触する部分で、糠付きがあり抵抗がしっかりかからないという事がよくあります。

20150501_095623
摩擦ロールの抵抗金が刺さる面。ついてました・・・。

20150501_095632
真ん中の傘のように見えるのが、抵抗金です。周辺も糠がよくついてました。この抵抗金がスムーズに動かないとムラ搗きになったり、今回のような精米されずに出てきてしまうことがあります。

20150501_100049
取り外して掃除!

20150501_143211
この赤枠の部分がこのように減っていると、白度が落ちます。突起部分の厚みが上に行くほど薄くなってしまっています。
抵抗金の方も消耗していました。

関連記事

  1. シュート配管

    お米の流れを変えました!

  2. 精米機FA-10点検・整備

  3. 精米機 ラセン交換

  4. 西村シフターM-900修理

  5. TC-50の修理

  6. アマノ 集塵機 WRT-3090T 部品交換しました

翻訳:

  1. お盆休暇のお知らせ

    2021.07.26

  2. 2021年7月連休

    7月連休のお知らせ

    2021.07.05

  3. AN-920,C-600

    成分分析計AN-920、白度計C-600 入荷しました

    2021.06.30

ライスレポート

翻訳 »