谷機械工作所 BC型 修理

岐阜県内で谷機械工作所 BC型(谷式空冷屑米専用精米機)の修理をしてきました。

でかい・・・。前側から順番に外していきます。

ざっとこんな感じ・・・。( ̄ー ̄)

金剛ロールが凸凹に減ってしまっていました。

減りの一番わかりやすそうな、スクリュウの部分

一目瞭然ですね♪

通常は均等な高さの山になっているんですが、頑張りすぎです・・・。

こんな状態だと原料がちゃんと送りだせず歩留まりが悪くなってしまいます。

歩留まり良く安定した良い製品作りのためにも、早め早めの交換をお勧めします。

今回は金剛ロール、スクリュウなど消耗しているもの全て新品に交換しました!

 

取り外しも組み付けも、背骨が折れそうでした・・・。

一人で持ち上げる物ではありませんね。鬼重い(´;ω;`)

 

関連記事

  1. 米粉 どらやき

  2. 雨。北陸に

  3. サタケ クリーンライトKB-20の修理

  4. 計量ユニット

  5. 3月30日 石抜機 白米用

  6. 米自慢大会

翻訳:

  1. 精米工場 設備製造の様子

    2022.07.04

  2. 精米プラント施工準備の様子 投稿しました

    2022.06.14

  3. 児島製機 LINE公式アカウント開設しました

    2022.06.08

ライスレポート

翻訳 »