色彩選別機の内部デ~タ~

選別が異常に打ちすぎていたので画面を確認したら選別設定データーがぐじゃぐじゃに!!

ヾ(.;.;゚Д゚)ノうわぁぁぁ~~~~!!

感度 流量 バックグラウンド タイミング ゲイン設定 選別種類などあらゆるデーターが無茶苦茶になってました。

何が起きたの? (´Д⊂グスン

そもそも、詳細設定ってどうしていつも出てきてたんだろぅ (・∀・)?

詳細設定は機械の頭脳とも呼べるCPU基盤で保護されているケースがあります。その基盤には本機の電源がOFFの状態でもデーターを守るためにバッテリーが取り付けてあり基盤に電気を供給することにより、保護されてることがあります。

20141128_110959

赤い丸の中に囲まれたオレンジ色のバッテリー。これも普通によくある電池と同じで寿命があります。バッテリーとして機能できる電源が無くなると・・・・・。

悪夢のような見たこともないデーターに変わってしまいます。( ´;ω;`)ブワッ

応急的には選別データーを入れなおして、「本機の電源を切らない!」状態にして、バッテリー交換を待つしかありません。

関連記事

  1. 精米機 ラセン交換

  2. MP-370の修理

  3. 東洋ライス撰穀機(BA-5)修理

  4. 精米機 F-15 サーマル

  5. EC-23C修理

  6. 東洋 カラー選穀機 HCA-10

翻訳:

  1. 精米機用 テーパー管製作の様子を投稿しました

    2022.08.02

  2. お盆休暇のお知らせ2022年

    2022.08.01

  3. 精米工場タンク塗装の様子を投稿しました

    2022.07.19

ライスレポート

翻訳 »