お米の虫と予防方法

新米の時期になりましたね(^^♪

最近はGoogleアナリティクスで、このサイトのアクセスなどを調べています。
そこで、TOPページや会社概要ページの次に、「お米につく虫たち」という記事を閲覧している人が、たくさんいることが分かりました。(2015年のブログですが…)

やっぱり、お米の虫に悩まされている人が多いみたいですね(-_-;)
私も子供のころ、畳の部屋に30kgの米袋を保管していたら、茶色い袋に黒い虫がワラワラ…という経験があります。

そこで、もう一度お米の虫について調べた事を、ここにまとめておこうと思います!
発生原因や予防方法も書き出してありますので、虫に困っている方は是非参考にしてみてください!


~主なお米につく虫~

コクゾウムシ
イネ科の穀類に発生しやすく、象の鼻のような口を持つ虫です。
長い口を使って穀類に穴をあけ、中に卵を産みつけていくそうです…
米の中で孵化した幼虫は成長して蛹となり、成虫となって米から出てきます。
15度前後で発育でき、60~80%くらいの湿度が高い環境を好むため、夏場は特に気を付けましょう。
冷蔵庫、もしくは風通しの良い日陰で保管するのがおススメです!

ノシメマダラメイガ
コクゾウムシと併せてお米の害虫として有名な蛾です。
食害したお米の表面に糸を張ることもあるので、お米同士がクモの糸のようなものでくっついていれば、それはノシメマダラメイガの仕業です。
成虫はお米を食べませんが、幼虫がお米のヌカ層や胚乳部分を食べるため、玄米や分づき米で保存していると発生しやすいです。
残ったヌカや米の欠片をエサにする場合があるので、米びつのこまめな清掃で発生を予防できます。
また、幼虫はビニール袋を食い破って侵入できるので、買った時の袋のまま放置するのはやめましょう。

コクヌストモドキ
赤褐色で光沢のある、3~4mmほどの小さな虫です。
米びつのほかにも小麦粉やお菓子、パン類などにもよく発生します。
米粒よりも加工品や粉、乾燥物を好むので、米びつの清掃をこまめに行うことで予防できます。
また、米粉がこぼれた米袋の下などに生息することもあるので、袋を長期間放置しないように気を付けましょう。

コナナガシンクイムシ
筒状で茶褐色の2~3mmほどの虫です。
でんぷん質の多いものから食害し、イネ科の穀類にも発生します。
穀物の表面に産みつけられた卵から孵化した幼虫が穀物内に食入し、成虫まで育ちます。
成虫も強い顎でお米をバリバリかみ砕くので、お米がボロボロになり、洗米時に壊れやすくなってしまいます。
また、大量発生するとカビの原因にもなります。
コクゾウムシなどと同じく低温では活動できないので、17.5℃以下の冷暗所で保管しましょう。
また、お米を買った袋のまま放置するのも良くありません。

ノコギリヒラタムシ
平たく、前胸の側縁がノコギリ状になっている3mm程度の虫です。
主にヌカや米粉を害します。
他虫同様、米びつ内にヌカやや米粉を残さないようにしましょう!


~まとめ~

お米につく虫のほとんどが10℃以下では活動ができないので、冷蔵庫での保管が一番安全です。
我が家では、米びつに入りきらないお米は、乾いた2リットルペットボトルに入れて野菜室で保管するようにしています!密閉してあるため、酸化による風味の低下や庫内の臭いうつりも防げてオススメです!

「かといって、冷蔵庫にそんなたくさん入らないよ……!!」
というのが現実だと思います。

なので、常温でお米につく虫を発生させないための鉄則は

① 1か月程度で食べきれる量を買う!
② 米袋のまま放置しない!
③ 米びつや保管場所をキレイにする!

の3つです!


これからは少しずつ気温も下がり、虫が活動しにくい季節となりますが、
室内は暖かく、湿度が高くなりやすいため、冬でも虫の生育条件がそろってしまいます。

冬場でも油断せず、鉄則を守っておいしいお米を食べれるようにしてください(^▽^)/

 

(株)井口 加熱蒸散式害虫駆除機(除菌機能付)MT-2001 はこちら

関連記事

  1. 5月18日 色彩選別機 AM-05

  2. 店頭精米機 入荷しました!

  3. 24時間テレビ

  4. ブランディングセミナー

  5. サタケ酒米機

  6. AK-M350動作確認

翻訳:

  1. toyo_VR-200

    北陸 東洋ライス 真空包装機VR-200 納品しました!

    2021.10.26

  2. LG-40動作テストの様子アップしました!

    2021.10.22

  3. 色彩選別機 LG、LAK 値下げキャンペーン中!

    2021.10.20

ライスレポート

翻訳 »