EC-2Aエレコンの修理

今日は長野県へ修理に行ってきました。

内容は動作させているとエレコンから、バタンバタンと搬送帯のバケットが当たる異音がするということでした。

上部内用車に糠がつき搬送帯が蛇行していると、このような音が発生します。

搬送帯の継ぎ目を外し、エレコンの天蓋を外します。

天蓋を外すと中にバケットが見えるので、半分搬送帯を外に引き出します。

20141211_094444

このように内用車が見えるようになります。糠がべったりついてますね~。

この糠をきれいに落とします。

カリカリ カリカリ カリカリ カリカリ カリカリ φ(・ω・ )

20141211_103816

ざっとこんな感じに!

搬送帯を機内に戻して、搬送帯のテンションを緩めた状態にして繋ぎ直します。

そして、エレコン内部(下部)に残っている削りかすなどをきれいに掃除して、搬送帯のテンションを張り終了です。

関連記事

  1. SB-50の修理

  2. BA-3の修理

  3. 粉サンプル選別試験

  4. EC-23C修理

  5. 製粉機の点検修理

  6. SB-50の修理

翻訳:

  1. コイン精米機 ハチの巣 除去

    2021.06.24

  2. サイトリニューアルについて

    2021.06.10

  3. タンク据え付け工事

    タンク 据え付け工事

    2021.06.09

ライスレポート

翻訳 »