ライスジュレ

○ 児島製機 ライスレポート =第169号= ○●○○●○

----------------------------------

<目次>

1)最新情報 ~商品情報~
2)イサオチャンネル ~ライスジュレ~
3)メンテナンス情報
4)今月のひとこと ~ぎふアジア映画祭~

----------------------------------

1) 最新情報 ~商品情報~

穀刺し・カルトン・ふるい・等級印・粒数計算版 新品 取り扱っています。
詳細・ご注文はこちらから↓↓↓
https://www.kojimaseiki.co.jp/archives/machine/kensakigu

検査機器 中古・新品 取り扱っています。
ご注文はお早めに!
詳細・ご注文はこちらから↓↓↓
https://www.kojimaseiki.co.jp/buy

中古・新品 取り扱っています。
不要になった機械、高価買取いたします!
詳しくはこちらから↓↓↓
https://www.kojimaseiki.co.jp/sell

消耗部品はぜひこちらから!!!
https://www.kojimaseiki.co.jp/buy/syoumoubuhin_top

設置工事も請負ます。ご連絡下さい。
info@kojimaseiki.co.jp

----------------------------------

2) イサオチャンネル  ~ライスジュレ~

10月に入り、秋晴れの気持ちよい季節になりました。
お米を収穫されたという方も多いのではないでしょうか。
実ったお米を目にすると、何とも感慨深い気持ちになりますね。

近年、お米そのものではなく加工された商品をよく目にします。
年々お米の消費量は減少していますし、どうかこれ以上減り続けないことを
願うばかりです…。

お米を使った画期的な取り組みである「ライスジュレ」。
ご存知の方も多いかもしれません。
原材料は国産米と水。
水を多めにして炊いたお米をジェル状にしたものをいいます。
これがなんと小麦粉や食品添加物の代わりになるのです。

麺類やパン、お菓子などの原材料である小麦粉を
ライスジュレに置き換えたり、
「増粘」「ゲル化」「安定化」といった機能を持つ
食品添加物の代替品として使用することで、
今まで小麦アレルギーだからと制限を受けていた人や
食品添加物が気になる人も安心して
食べられるような食品を製造することができるのです。

また健康志向の人が注目している「グルテンフリー」。
「グルテン」とは、小麦や大麦、ライ麦など、
麦類に含まれるタンパク質のことでアレルギーの症状の原因にもなります。
それが「フリー」ということは、
「小麦などに含まれるタンパク質を摂らない」ことを指しています。

小麦アレルギーの方やグルテンフリー食を取り入れている方には
もってこいの商品だと思いますね。
ハンバーグのつなぎ、シチュー、焼き菓子など
普段の料理に小麦粉代わりに「ライスジュレ」を使うことも出来ます。

そして、あの白い恋人で有名な石屋製菓株式会社が
「ライスジュレ」を使用した焼き菓子「Sitoli GATEAU(シトリ ガトー)」を
発売しました。
北海道産生乳から作られたチーズパウダーを隠し味に、
バターとホワイトチョコレートが練りこまれています。
「ライスジュレ」を使用することでしっとりさを保ちつつも
くちどけのよい食感になっている焼き菓子です。

どんな味・食感になっているか気になりますねえ。
皆さんも召し上がってみてください。

それでは、今月はこれで

石屋製菓HP↓↓
http://www.ishiya.co.jp/news/archives/details.php?id=461

----------------------------------

3) メンテナンス情報

修理等希望の方は、メール又は電話で連絡下さい。
折返しご連絡します。

MAIL:info@kojimaseiki.co.jp
TEL :058-232-2516

----------------------------------

4) 今月のひとこと ~ぎふアジア映画祭~

すっかり爽やかな秋の気候になりましたね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋がありますね。

映画も芸術のひとつ!ということで、
岐阜市では9月より「ぎふアジア映画祭」が開催されています。
昭和50年代にイタリア、中国とそれぞれ友好都市姉妹連携を
きっかけに、イタリア映画や中国映画を年に2~3本上映していました。
アジア映画の上映機会が少なく、普段はなかなかアジア映画を
観ることのできない市民の声が基となり、『アジア映画の夕べ』が誕生しました。
これが現在の『ぎふアジア映画祭』となります。

「ぎふ映画祭」は一般から募集した、映画に熱い思い入れのある
市民ボランティアが中心となって企画・運営されています。
監督のトークショー、雑貨やお菓子の販売、ワークショップなどの
様々な企画が行われています。

映画と一口に言っても邦画、洋画、アジア映画等々ありますよね。
皆様は普段どのような映画を見られるのでしょうか。
この映画祭では、一部上映終了した作品もありますが、
日本の名作映画を始めとする、インド・フィリピン・イタリア・
台湾・中国・韓国・イラン・ベトナムの作品を鑑賞できます。

これだけの国の映画を岐阜で観られることは
なかなかありませんねえ。
日本の名作映画は、かの有名な黒澤明監督の作品が上映されます。

「羅生門」「わが青春に悔いなし」「天国と地獄」「酔いどれ天使」
というラインナップになっています。
残念ながら、私は「七人の侍」しか見たことがありません。
簡単にいうと「農民が野武士から村を守るために、
七人の士を雇い奮闘する」という話です。
感想を言うと薄っぺらくなってしまうので言いませんが…
200分という長時間の作品、また途中で休憩があり、
昔はノーカットだったのだなと感じる映画でした。

『ぎふアジア映画祭』
日時:9月15日(土)~11月25日(日)
場所:岐阜市民会館 大ホール・小ホール、CINEX(柳ヶ瀬)
チケット:全自由席 1回券800円、3回券2,100円、10回券5,000円
岐阜市文化センター、岐阜市民会館、長良川国際会議場等で購入できます。

普段ではなかなか出逢わないような作品が多いかと思いますので、
この機会にご覧になってみてはいかがでしょうか。

『ぎふアジア映画祭』HP↓↓
http://gifu-culture.info/subsites/menu_detail/6/25

----------------------------------

【運営・編集】    株式会社 児島製機 ~Kojimaseiki Web Shop~
           tel 058-232-2516
【ご意見・ご感想】info@kojimaseiki.co.jp
【バックナンバー】】https://www.kojimaseiki.co.jp/archives/date/2017?post_type=report

翻訳:

  1. 定期ミーティング

    2018.12.19

  2. 生まれ変わる!?

    2018.12.15

  3. 採用について

    2018.12.14

翻訳 »