CS-15の修理

今日はセラミック精米機CS-15の修理をしました。

シーケンサーの内部で故障してしまったので、その交換です。

20150808_132636

かなり古いタイプのシーケンサーなため、同じ部品がなくなっています。ですので、新バージョンのシーケンスユニットへの載せ替えです。

20150808_132632

なんてことでしょ~~・・・。

昔の面影なし!コンパクトにそして、載せ替えやすいように端子台が組み込まれています。

シーケンサーは頭脳のようなもの、信号のやり取りをしています。配線の間違いだけは決してしてはいけません・・・。n

関連記事

  1. ホソカワミクロンBFの修理

  2. FA-10のVベルト交換

  3. NXP-55E型掃除・点検

  4. RSM-120のヒーター交換

  5. 仕上げ精米機TF-5の修理

  6. 粉砕機ベルト交換

翻訳:

  1. 生まれ変わる!?

    2018.12.15

  2. 採用について

    2018.12.14

  3. 枝豆せんべい

    2018.12.12

翻訳 »