SB-50の修理

イオニー(SB-50)計量機の修理をしました。

症状は5kgの計量が起動ボタンを押しても計量をしない。

10kgは計量できる。と、いうことでした。

SB-50とは、タンクにSBロートをつけ、その下に風袋の乗った秤があり、計量をしていく機械です。

分銅をかけているサオの先端部分にリミットがついていて、サオが下がった状態でリミットの大出し、小出しの接点がしっかりと接触していないと、計量開始できません。

20150218_145723
真ん中の銅板の位置がズレてます・・・。

20150218_145741
銅板がズレていたのは珍しいパターンですが、この接点が接触不良を起こしていたり、リミットから操作盤までの断線したりという症状が多いです。n

関連記事

  1. お掃除

  2. ADM-40の修理

  3. NXP-55E型掃除・点検

  4. MPCA-50修理

  5. RP-1000Lの修理

  6. MP-370の修理

翻訳:

  1. 粉砕機PCH-30中古 試運転の様子

    2022.05.23

  2. タンク製作の様子 動画投稿しました

    2022.05.16

  3. コイン精米機にチュンチュン…(・θ・)

    2022.04.28

ライスレポート

翻訳 »