KP-15の修理

今日は岐阜でKP-15を修理してきました。

口開きがうまくできない、ということです。

開口づめのエアーシリンダー部分

20150408_111926

ここのシリンダーについているスピコンで動くスピードを調整しました。

が!!!

スピコンがシリンダーにねじ込んでついているんです、それが微振動またはスピコンを調整しようとしてねじ部分から緩んでしまい、スピコンの根元からエアー漏れをしていました。しっかり固定して、調整をし直して無事包装できるようになりました。

スピコンはシリンダーに送るエアー量を調節することができ、シリンダーの動作スピードを変化させることができます。

n

関連記事

  1. 製粉機の点検修理

  2. 丸餅カッターの整備

  3. 毛利精穀(SPA-100)Vベルト交換

  4. TC-50の修理

  5. 昇降機 ベルト交換

  6. コイン精米機 大野店

翻訳:

  1. 新年のご挨拶

    2021.01.01

  2. 12/29~1/5まで休業

    年末年始について!

    2020.12.15

  3. 師走です!

    2020.12.12

ライスレポート

翻訳 »