CB-25の修理

富山県へセラミック精米機CB-25の修理に行ってきました。

症状は運転をかけて、お米を流すと過負荷で止まってしまう。ということでした。

CB-25はスターデルタ方式でモーターを運転しています。

スターで始動をして、数秒たつとデルタに切り替わり本運転をします。

ですが!スターで始動をして、デルタに切り替わらない状態でした。

20150303_093715

スターの始動状態で、動いていたところにお米を流して負荷がかかってくると、モーターがパワー不足なためうまく回りません。

水色の枠で囲ったタイマーでスターとデルタの切り替えをしているのですが故障していて、切り替わらなかったのが原因です。

隣に同じタイマーがあるので差し替えて(設定も入れ替えて)運転できました。

20150303_092204

設定を間違えると、正常に運転ができないので注意が必要です。

後処理を停止させるタイマーとの入れ替えなので、今度は後処理が止まらなかったり…・

それは手動で止めるしかありませんでした。

タイマーを交換して終了ですね。n

関連記事

  1. スケールシャッター修理

  2. KPL-15シーラー部の修理

  3. 白米用万石

  4. 精米機 ラセン交換

  5. 丸もちカッター修理

  6. 昇降機ベアリング交換

翻訳:

  1. サタケ ピカ選+ FMS2000

    サタケ ピカ選プラス FMS2000 取付しました

    2020.09.18

  2. シュート配管

    お米の流れを変えました!

    2020.09.17

  3. LRC-550設置

    色彩選別機LRC-550設置してます!

    2020.09.07

ライスレポート

翻訳 »