CM-5の修理

今日は精米機のCM-5の修理をしました。

症状は精米中に突然止まってしまった。と、いうことでした。

精米途中に止まる原因は・・・

1、米詰まりをした。

2、糠詰まりをした。

3、ワイヤーが切れてしまった。

4、玄米の流れが不安定でアンメーターが下がって自動停止をしてしまった。

5、モーターが焼けてしまった。

etc・・・。

今回の原因はワイヤーが切れてしまったことにより、急激に過負荷になり停止してしまった状態でした。

20150122_1500451

細いワイヤーなので見難いかもしれませんが・・・。

ワイヤーがほとんど切れて、残り一本しかなく束ねてあった分伸びた状態でした。

20150122_150109

これが新品の状態です。

20150122_150117
ワイヤーの先端をねじ込みます。

20150122_150124
ワイヤーの反対側を、ここにしっかり掛かるようにします。

20150122_150237
網枠を揺らして、枠を定位置に戻し赤丸で囲ってあるワイヤーの先端と板の隙間が殆ど無いように調整します。

20150122_150440

米詰まりを除去して、マグネットのサーマルを解除して終了です。

突然切れてしまうワイヤーは怖いです。切れた状態だと米詰まりを除去して運転をかけても、スイッチを入れた瞬間アンメーターが振り切れ、過負荷で止まってしまいます。

関連記事

  1. 白米用万石

  2. RP-1000Lの修理

  3. 山本精米機 VP-1500

  4. ホットプリンターの修理

  5. タンク据え付け工事

    タンク 据え付け工事

  6. CS-25の点検修理

翻訳:

  1. 半自動溶接 求人

    半自動溶接 製造の様子をアップしました

    2022.01.20

  2. 児島製機HP アクセス不良のお詫び

    2022.01.13

  3. 新年のご挨拶 2022年

    2022.01.07

ライスレポート

翻訳 »