RP-1000Lの修理

パッカーが急に途中で止まってしまうということで修理しました。

状況はロールから送られてくる袋をカットする刃が袋をカット後、定位置に戻らないためエラーとして機械が運転を停止してしまう!というとこでした。

機械内部の丁度真ん中あたりについている、カット刃を動作させているエアーシリンダーの不良だったためそのシリンダーの交換です。

20141205_111346

青い四角で囲った位置についていたこのシリンダー

20141205_111404
これがしっかりと動作しないと、次の工程の動作に移る信号が出せなくて機械が停止してしまいます。

この他には、電磁弁の切り替えがうまくできなくなっている、エアーホースが破れてエアー漏れをして動作できない、又はカット刃が動作するときに、なにか異物に当たって動作できない、などなど・・・・。

さまざまな原因が考えられるため要注意です。

関連記事

  1. RDM-120の修理

  2. 谷式精米機整備

  3. KP-15の修理

  4. F-5の修理

  5. 精米機

  6. DAA-3A修理

翻訳:

  1. コイン精米機 ハチの巣 除去

    2021.06.24

  2. サイトリニューアルについて

    2021.06.10

  3. タンク据え付け工事

    タンク 据え付け工事

    2021.06.09

ライスレポート

翻訳 »