経営継承・発展等支援事業

○ 児島製機だより =第230号= ○●○○●○

----------------------------------

<目次>

1)最新情報 ~商品情報~
2)ライスレポート ~経営継承・発展等支援事業~
3)メンテナンス情報
4)今月のひとこと ~Meta Quest3~

----------------------------------

1) 最新情報 ~商品情報~

穀刺し・カルトン・ふるい・等級印・粒数計算版 新品 取り扱っています。
詳細・ご注文はこちらから↓↓↓
https://www.kojimaseiki.co.jp/shop2/

検査機器 中古・新品 取り扱っています。
ご注文はお早めに!
詳細・ご注文はこちらから↓↓↓
https://reuse.kojimaseiki.co.jp/archives/machine/keisokuki

中古・新品 取り扱っています。
不要になった機械、高価買取いたします!
詳しくはこちらから↓↓↓
https://reuse.kojimaseiki.co.jp/

消耗部品はぜひこちらから!!!
https://reuse.kojimaseiki.co.jp/syoumoubuhin_top

設置工事も請負ます。ご連絡下さい。
info@kojimaseiki.co.jp

----------------------------------

2) ライスレポート  ~経営継承・発展等支援事業~

朝晩の寒い季節になってきました。
そろそろ年末年始に向けての準備をしていく頃ですね。

昨今の農業を取り巻く課題の一つとして「担い手(後継者)不足」が挙げられます。
要因は様々ですが、中でも「新規参入の敷居の高さ」は大きな問題点の一つではないでしょうか。
そこで、地域農業を行う後継者達のチャレンジを応援するための補助事業が開始されています。

「経営継承・発展等支援事業」は令和4年1月1日以降に経営継承した後継者を対象に、経営発展へ向けた取り組みに必要な経費を補助するものです。
例えば、法人化の相談をする専門家への謝礼や機械導入費に対して、最大100万円の補助を受けることができます。

先代との関係(親子、従業員、第三者など)や年齢などの要件は無く、令和4年1月1日から申請を行うまでの間に引継ぎを終えている事や、青色申告をしている事などが条件となっております。

現在、すでに二次募集が始まっており、募集締め切りは11月15日(水)までとなっています。
人気のある補助金は何度も行われる可能性があるので、補助金の情報を要チェックですね!
詳しくは公式のホームページやチラシで募集要項が記載されています。
最近事業を引き継いだ方や、後継者探しに困っている方は、是非お近くの「市町村農政担当課」まで相談してみてください!

令和5年における「基幹的農業従事者」(仕事として主に自営農業に従事している人のこと)の数は116.4万人であり、そのうち65歳以上は82.3万人と約70%が高齢者となっています。
(農林水産省「農業労働力に関する統計」データ参照)
業種に関わらず、未来の生活を守っていくために、早急に次世代の育成をしていかなければならない時期になっているのではないでしょうか。

これからも、ずっと美味しい日本のお米が食べられる世の中にしていきたいですね。
それではまた次回。

令和5年度「経営継承・発展等支援事業」
https://keisyou-hatten.maff.go.jp/

農業労働力に関する統計
https://www.maff.go.jp/j/tokei/sihyo/data/08.html

----------------------------------

3) メンテナンス情報

修理等希望の方は、メール又は電話で連絡下さい。
折返しご連絡します。

MAIL:info@kojimaseiki.co.jp
TEL :058-232-2516

----------------------------------

4) 今月のひとこと ~Meta Quest3~

冬を感じさせる気温となってきましたね。
そろそろスタットレスタイヤに交換をしておこうかと考えている今日この頃です。

ところで、「VR」「MR」「メタバース」と聞いて、どのようなイメージを持たれますか?
おそらく自分とはまだ関係のない、遠い未来のものに思えるのではないでしょうか?
実際、私生活の中でVRが活用されている場面に遭遇する回数はあまり多くはありません。
ですが最近、その未来がすぐ側まで来ているのではと思わせるような出来事があったので紹介させてください。

みなさんは「Meta Quest」というVR機器をご存じでしょうか?
「Meta Quest」とはMeta社(Facebook社)が提供しているゴーグル型のディスプレイです。
すでに「Meta Quest2」が発売されており、VR空間でのコンテンツを楽しむユーザーにとっては標準的な機械となっています。

今年の10月、3年ぶりに上位モデル「Meta Quest3」が発売されました。
表示できる画像の解像度が大幅に上昇しているなど、性能面での違いがあります。
とにかく画質がキレイなので、VR空間内で活字の本を読むこともできるそうです!
(わざわざVR空間内で小説を読む必要があるのかは疑問ですが……)

発売からまだ一ヶ月しか経っていませんが、新しい物好きなVRユーザーは次々とSNSで「Meta Quest3」の購入報告とレビューをしています。その中で私が一番すごいと思ったのは、MR機能が一気に進化していたことです。

「MR」とは現実世界と仮想世界を融合させる表現のことで、現実世界に仮想世界で作ったイメージを映し出して、あたかも そこにあるかのように見せる技術のことです。
「Meta Quest3」は、身体の動きを感知するためのカメラがより高性能になっており、ゴーグルを装着している時も、していない時とほとんど変わらない映像を見ながら部屋を動き回ることができます。

その機能を利用して、Youtubeのレシピ動画を表示しながら料理をしている人がいて、私はすごく「未来だなぁ」と思いました。今後この機能を使って、例えば掃除のできていない箇所をMRが教えてくれたり、家具の組み立て手順を教えてくれたり、そういう事も出来るようになってくるんじゃないかと考えると、とてもワクワクします。

価格は128GBモデルが74,800円、512GBモデルが96,800円と高額ですが、これから先、一般的に普及するようになったら、私たちが思い描く「未来っぽい感じ」が日常になっていくかもしれませんね。

「メタバース」は、ビジネスでも参入する企業が増えてきている業種でもあり、今後も発展していく可能性がたくさんあります。VRは今でも楽しいゲームやコンテンツが遊べる素晴らしい機械ですので、興味のある方は始めてみてはいかがでしょうか?
それではまた次回。

----------------------------------

【運営・編集】    株式会社 児島製機 ~Kojimaseiki Web Shop~
           tel 058-232-2516
【ご意見・ご感想】info@kojimaseiki.co.jp
【バックナンバー】】https://www.kojimaseiki.co.jp/archives/date/2023?post_type=report

翻訳:

  1. イオニー SBロート生産終了のお知らせ

    2024.01.25

  2. お祓い

    2024.01.05

  3. 年末年始休暇のお知らせ

    2023.12.04

翻訳 »